関西ペイント漆喰塗料[アレスシックイ]|福岡県福岡市のムトウ

漆喰に近づく、漆喰を超える・・・

小さなお子様やペットを飼っているご家庭に「自然のやさしさ」を。

関西ペイント漆喰塗料[アレスシックイ]のご紹介です。

WS000555

<漆喰とは・・・?>

漆喰は日本の伝統素材として古くから多くの建築物に用いら
れてきた塗壁材です。

自然素材の独特の風合いと質感に加え、アルカリ性の性質に
よる防カビ性や、微多孔質な構造による吸放湿性など、多くの
優れた機能を備えています。

しかし、従来の漆喰壁は高度な左官技術を必要とし、施工が
難しく、時間がかかるなどの理由からその優れた機能を十分に
活かされていないのが現状です。

<漆喰の原料である「消石灰」とは?> “漆喰の主原料は消石灰です” 消石灰は、地中から採掘される石灰石を焼成・消化した白色の パウダーであり、これが漆喰の健康・環境に貢献する機能をもたら してくれます。 また、日本はこの資源をふんだんに有しており、国内で生産可能な 数少ない資源のひとつです。
“石灰石の元は、サンゴ礁” 漆喰の主成分である消石灰は、サンゴがもととなって生まれた石灰石 を焼成・消化したものです。 サンゴは共生している微生物と共に、海中の二酸化炭素を取り込み、 石灰質(カルシウム)の骨格をつくる特性があります。 おおよそ2億5,000万年以上前の海底にあったサンゴ礁が地殻変動に よって隆起し、陸地となったのが石灰鉱脈と考えられております。 WS000556
<標準色・仕様> アレスシックイはこれまで用いられてきた漆喰本来の良さを見直し、 風合いを損なうことなく優れた機能を最大限に発揮した画期的な 塗壁材です、いうなれば「塗料状態化させた漆喰」です。 ・アレスシックイ標準色 WS000557
・アレスシックイ デザイン仕上げ/ジュラク風仕上げ WS000558
漆喰塗料やその他の塗料、塗装の事など、ご質問やご相談お待ちしております! 福岡で住宅塗装・外壁・屋根塗装、ビルやマンションの防水工事のことなら、福岡県福岡市のムトウに おまかせください!

関西ペイント[ALESCOOL]遮熱と色について|福岡県福岡市のムトウ

屋根用高日射反射率塗料『アレスクール』にの特徴ついて、

以前ご紹介していましたが、今回は、“遮熱と色の関係”についてご説明します。

『屋根の色選びは、環境性能を選ぶこと・・・』

塗るだけでCOOLに!
お宅に最適なルーフペイントをご提案します。


<上手に選んで効率よく遮熱を・・・>

アレスクールは特殊顔料を使用しているので、どの色同士を比較し
ても一般の塗料より効率よく赤外線を反射します。
しかし、その反射率は色によって異なります。
暗い色ほど反射率は低くなり明るい色や薄い色ほど反射率は高く、
遮熱効果も上がります。
建物のイメージや周囲の景観に合わせて、上手に色を選びましょう。

WS000552

<アレスクールおすすめカラーは20色>

アレスクールの上塗り塗料は20色ご用意しています。それぞれの遮熱効果は、
COOLレベルをご確認ください。
日射反射率は塗膜の表面温度や色とも関係があります。
反射率が低いと温度は高くなり、反射率が高いと温度は低く、遮熱効果が高く
なります。

WS000553

<カタログ以外の色も注文可能>

カタログ提案色以外にも、お客様のお好み
に応じてオリジナルの色を調合してご用意することができます。
ただし、特殊顔料を使用しているため、お好みの色にぴったり合わせられない事も
あります。

アレスクール、またその他の塗料などについてのご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせ
ください!

福岡で屋根塗装・外壁塗装のことなら福岡県福岡市のムトウにおまかせください!

景色がよかばい~!

A会社唐人町の現場屋上からの景色です!「久々にヤフオクで、野球みにいきたいっちゃーん!」

 

rps20140526_164233_298

 

 

 

 

 

 

関西ペイントの屋根用塗料[ALES COOL]|福岡県福岡市のムトウ

“屋根からはじめるエコロジ-”

その差は歴然!!
家計に、地球にいいこと、始めませんか?

屋根表面に直射日光が当たると、表面温度が上昇し、建物内も暑くなります。
屋根用高日射反射率塗料『アレスクール』は、屋根に塗装するだけで、太陽光を効率よく反射。
室内環境や冷房費の節約などに貢献します。

WS000531

<室温の上昇を抑制するから、エアコン代大幅ダウン!> 夏場の屋根の表面温度は70℃程度まで上昇します。アレスクールを塗った屋根なら、 太陽光を反射し、屋根表面や室内の温度上昇を抑えるため、エアコン代の大幅な節約にも つながります。
[エアコン使用による電気代比較] WS000532
<CO2排出量を減らして、地球への負担を軽減> 室内の温度上昇が抑えられれば、エアコンや扇風機を使う必要もグンと減ります。 電気製品の使用量が減れば発電量も減らせるので、CO2の排出量削減にもつながります。
[エアコン使用によるCO2排出量比較] WS000533
Wブロック効果で最大-20℃の遮熱効果を発揮> 太陽光の中でも熱に変換されやすいのが赤外線。赤外線の光は、物体に当たって吸収 されると分子振動が起こり、熱エネルギーに変換されます。 アレスクールは、赤外線を反射させる特殊顔料を(上塗り)にも(下塗り)にも配合。 上塗り部分を透過した一部の赤外線も、下塗りで反射(カバー)する「Wブロック効果」 により、屋根の温度上昇を効率よく制御します。 ※効果は測定結果であり、塗料の種類や色、被塗物の構造や材質等により異なります。 WS000535
[サーモグラフィーで確認] WS000536 一般の屋根用塗料とアレスクールを塗り分けた屋根の表面温度を調べたところ、 アレスクールを塗布した面では約14℃の遮熱効果が確認できました。 (塗色:コーヒーブラウン色) 屋根用塗料についての詳しい内容やご質問など、お気軽にお問い合わせください!! 福岡で外壁塗装・住宅塗装・ビルやマンションの防水塗装のことなら、福岡県福岡市のムトウ におまかせくだい!

エスケー化研の遮熱塗料|福岡市早良区のムトウ

〝節電対策、省エネに遮熱塗料がおすすめです〟

近年日本では、省エネへの関心は高くなっています。
建築分野では、遮熱塗料(高日射反射率)への関心が高く、国や地方では、
これらを積極的に取り入れる動きが見られます。

 

また、東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響もあり、更なる省エネ社会への転換が
求められ、電力各社からも、真夏には節電要請が出されるなど、電力不足への対応が
求められています。

WS000252

<遮熱塗料の効果>

室内冷房費の低減・・・3%の低減で約15%の節電が可能(屋根表面はマイナス20℃低減)
           直射日光が建物に降り注ぐことにより、建物内の温度が高まります。
           屋根に遮熱塗料を塗ることで、表面温度を最大-20℃低減。
           これにより、建物内の温度上昇を抑制。
           冷房費の削減につながり節電効果が見込まれます。

WS000253  WS000254

<豊富な製品ラインナップ>

屋根用、外壁用、屋上用など、建物の省エネをトータルでご提案。

<信頼の実績>

エスケー化研の遮熱塗料は、発売から10年以上が経ち、おかげさまで好評を博し、
今日までに約1000万m2の実績を達成しています。

WS000256

遮熱塗料は環境省が推進する「環境技術実証事業:ヒートアイランド対策技術分野で、
その性能が証明されました。

遮熱塗料やその他の塗料についてのご質問など、お気軽にお問い合わせください!
福岡で塗装工事をお考えの方、塗装の事なら福岡市早良区のムトウにおまかせください!

		

雨漏りから家を守る|福岡市早良区のムトウ

私たちの大切な住まいの一部が雨漏りしだしたら・・・
それはとても深刻な被害です。
今回はどんな家が雨漏りしやすいのか、反対に雨漏りしにくいかをご紹介したいと
思います。

『どんな住宅でも雨漏りの可能性はあります』

家を建てる前に雨漏り対策をしっかりした家と、そうでなかった家とでは、
雨漏りが起こる可能性は変わると思います。
しかし、雨漏りのほとんどは「建物の老朽化による雨漏り」なのです。

どんなに防水設計をしたり、雨漏りしたことがないという家でも、
建物自体が老朽化するにつれて雨漏りしやすくなってしまいます。

「老朽化しない家を建てる」のは難しいですがなるべく老朽化しないように
定期的なメンテナンスを行い、「雨漏りしにくい家にする」事は可能です。

ここで、定期的にチェックしたほうがいいポイントをご紹介します!

<外壁点検>

・壁が変色してきている
 窓廻りや換気扇廻りなど汚れやすい場所や、その他にも目立った
 変色がないか。
 塗料が老朽化していたり、寿命の可能性もあります。

 

・タイル壁の状態
 湿気やすい北側のタイル壁などに、白華現象(白く線状にシミが
 垂れたような現象)が発生していないか。
 そのままにしておくと、ヒビ割れや漏水を起こす原因となることが
 あります。

 

・ベランダの裏側の状態
 ベランダの裏側を見てみてください。シミや汚れが目立つ場合、
 防水層の劣化やヒビ、ドレン管の破損、防水シートがきちんと設置
 できていない可能性などがあります。

ご自分で点検可能な所もありますが、判断が難しい部分もありますので、
定期点検やお困りの事など、お気軽にご相談ください。
福岡で外壁塗装をお考えの方、外壁塗装や防水工事のことなら福岡県早良区のムトウにおまかせください!

 

屋根がもつ役割とは…?|福岡市早良区のムトウ

私たちが知っているようで知らない、屋根の役割についてのご紹介です。
“屋根は外壁と共に、私たちの住居を守るため、重要な役割を果たしています”

『自然環境から住居を守る』
冷気・熱気などの気温、紫外線、雨や雪、台風などによるダメージを回避
屋根は雨や雪、風などが建物内に侵入するのを防ぎます。
そのため、屋根の防水性が低くなってくると、雨漏りや建物の躯体にカビが生える原因
になり、屋根の機能を果たせなくなります。

また、屋根は太陽光を最も受ける場所にある為・・・
紫外線にも対応できなければなりません。
屋根の塗装が、太陽光や紫外線に弱いものであると、数年で劣化してしまう可能性があります
ので、屋根の塗料はとても重要になります。

建物の外観からみても・・・
屋根や外壁は、一番目につく、また個性を表現する部分であり、
デザイン性も重要視されます。
建物全体でみた場合、特に屋根は建物のアクセントとして色や形を変えやすい部分になります。

また使用している屋根材や塗料によって・・・
メンテナンス方法もそれぞれ異なります。
瓦葺き、スレート、鉄板、銅板、コンクリートなどがありますが詳しくは屋根の専門家に相談
する事をおすすめします。
また、瓦葺きにも素材によって色々な瓦があるため、地域性や自分の好み、メンテナンスの頻度
など、詳しい内容を知った上で、条件に合ったものを選択すると良いでしょう。

使用している屋根材や塗料などによって耐用年数は異なりますが、そこに達していなくても問題
が生じている場合、早めの点検・修理が必要となります。

屋根の事でお困りの事やご相談など、お電話お待ちしております。
屋根の塗り替え工事や葺き替え工事をお考えの方、屋根の事なら福岡市早良区のムトウにお任せください!

ミズタニの屋根用塗料[ハイパー遮熱シリーズ]|福岡市早良区のムトウ

屋根用塗料、[ハイパー遮熱]のご紹介です。
〝遮熱顔料反射とメタリック反射のW効果で屋根の温度上昇を抑えます〟
WS000317

ハイパー遮熱塗料とは・・・
メタリックが、赤外線をより効率よく反射することに着眼して開発した、
これまでにない遮熱型塗料です。
ベースの樹脂はシリコン樹脂を採用。耐候性、耐変色性に優れています。

メタリック(銀系)色は、ローラー塗装した場合では、色ムラが発生したり
塗装作業に熟練が必要でした。
「ハイパー遮熱」は、ローラーで施工しても色ムラが発生せず施工が簡単です。

工場屋根のメンテナンスに最適
WS000315

遮熱顔料とメタリック顔料のW反射効果により
屋根の温度上昇を効率良く抑えることで、工場屋根のメンテナンスに適しています。
WS000318

<特徴>
・リアルシリコンテクノロジーにより優れた耐候性を発揮
・優れた耐候性が、遮熱効果を長期間保持します
・ハイパー遮熱Si プラチナでは、遮熱効果に加え放熱効果が期待できます

<用途>
 工場屋根のメンテナンスに最適
⦅窯業系素材⦆
     新生屋根材、セメント瓦、波形スレート
⦅金属製素材⦆
   溶融亜鉛めっき鋼板、カラー鋼板、ステンレス鋼板
   アルミ合金めっき板

ハイパー遮熱シリーズやその他屋根用塗料の事など、詳しくはお気軽に
ご相談ください。

福岡市早良区周辺で屋根塗装、外装塗装をお考えの方、屋根塗装・外装塗装の事なら福岡市早良区のムトウにおまかせください!



		

外壁塗装の塗り替え時期|福岡市早良区のムトウ

取り掛かることを躊躇してしまう、外壁の塗り替え…
大切な住まいを守るための、外壁塗装の塗り替え時期についてご紹介します。

塗り替え時期は、自分ではなかなか判断しにくく、実施範囲も広いために後回しになりがちです。
汚れが目立ったきたことを分かっていても、なかなか外壁塗装に踏み切れなかったり、
外壁塗装の営業の人から塗り替えをすすめられても、本当かどうか疑ってしまう事があると思います。
自分で塗り替え時期を見分けるためのポイントをいくつかご紹介します。

 

<5年以上経過しているかどうか>
5年が経過すれば、どんなに耐久性のある外壁材や塗料を使っていても、劣化や退色などが少しずつ
生じ始めている可能性があります。
目立たない程度の汚れであれば、しばらく様子を見ても良いですが、定期的にチェックすることを
おすすめします。

<壁にヒビが入ったり、亀裂が生じていないかどうか>
ヒビや亀裂は、塗装そのものの劣化だけでなく、下地まで劣化が進んでいる可能性があります。
ヒビや亀裂は、雨水等の侵入によるカビの発生や、雨漏りを起こす原因となり、
さらに進行すると建物内にまで影響を与えることがあります。
もし、予算などで家を全体的に塗り替えるのが厳しいという場合は、問題の部分のみ塗り直しを
することが可能な場合もありますので、なるべく早めに専門業者に相談しましょう。
他にも、塗膜が劣化すると、鉄の部分がサビていたり、壁面を触ると白い粉がつく場合もありますので、
塗り直しを判断するポイントにしましょう。
外壁は建物を守る大事な部分ですので、年数に関わらず、気になる部分は早めに対処しておきましょう。

<こんな症状はありませんか?> 劣化のチェック項目

・外壁にや屋根に苔や藻が生えていないか?
・触ると白い粉や塗装の粉が付いてこないないか?
・外壁の鉄の部品にサビや塗装の剥がれはないか?
・雨漏りしていないか?
・外壁がヒビ割れていたり、外壁塗装が剥がれたりしていないか?
・建物全体が色褪せたり、汚れが目立っていないか?

 

この中で1項目でも当てはまる項目がありましたら、外壁・屋根塗装の塗り替えが必要な可能性が
ありますので、まずは専門の業者に相談してみましょう。

外壁の塗り替えの詳しい内容、また、お困りのことなどがありましたらお気軽にご連絡ください。
外壁の塗り替えを検討中の方、外壁・屋根の塗り替えの事なら、福岡市早良区のムトウにおまかせください!


		

ミズタニの屋根用遮熱塗料[快適サーモシリーズ]|福岡市早良区のムトウ

ミズタニの屋根用遮熱塗料は赤外線を効率よく反射させることにより、
 屋根の温度上昇、また室内温度を軽減させる塗料です。

高日射反射率塗料[快適サーモシリーズ]のご紹介です。
   WS000265
⦅特殊な顔料を配合することで、太陽からの赤外線を効率良く反射⦆

水谷ペイントはあらゆる方向からエネルギーの節約を考えます。
快適サーモシリーズは、工場や住宅の屋根の温度上昇を軽減することにより、
エアコンの電力消費を抑え、 ヒートアイランド対策にも貢献しています。

 

『高日射反射率塗料』
 ・・・近赤外波長域の赤外線を効率よく反射させることにより、
     屋根の温度上昇を軽減させる塗料

     <一般屋根用塗料>
  WS000267
一般屋根用塗料は赤外線を反射する機能が小さく、塗膜内部及び屋根基材の温度を上昇させる

    <高日射反射率塗料>
  WS000269
遮熱塗料は太陽光の赤外線を上塗り塗膜で反射させることにより温度上昇を抑制

高日射反射率塗料[快適サーモシリーズ]では、「屋根の温度上昇を効率よく低減」
理論に基づいた塗料化技術で、最高品質をご提供しています。
〝ミズタニの遮熱塗料は、自然条件に耐える強さで、大切な屋根をしっかり守り続けます〟
 遮熱塗料やその他の塗料の事など、詳しいお問い合わせやご相談、おまちしております。

屋根の塗り替え工事をお考えの方、屋根塗り替え工事のことなら福岡市早良区のムトウに
おまかせください!

 

2013年 忘年会&安全・安心大会

 

CIMG0277

CIMG0311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年の締めくくりです。博多区にあるホテルセントラーザ博多にて安全大会と忘年会を開催しました。

ムトウ社員及び協力業者、総勢110名にて安全を誓い、一年の疲れを癒しました。皆様ご協力ありがとうございました。

CIMG0358

CIMG0324

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年も   株式会社 ムトウ    を宜しく御願い致します。

エスケー化研の超低汚染塗料|福岡市早良区のムトウ

外装・屋根のキレイな外装をいつまでも・・・
外壁や内装のリフォームで、見栄えだけでなく、新しい塗膜が家の劣化を防ぐのに大変重要な役割を果たします。
エスケー化研の超低汚染塗料をご紹介します。

塗り替えサイクルを大幅に伸ばしたい!
外壁の汚れが原因で塗り替えるケースが多い中、汚れにくい性能を徹底的に追求。
超低汚染塗料「セラタイトシリーズ」「クリーンマイルドシリーズ」はオリジナル特許技術で、
汚れは汎用タイプの1/5、高耐久性塗膜はメンテナンスサイクルを大幅に延ばします。

WS000270

<特許に裏付けられた汚染防止メカニズム>
・汚れが付着しにくい
・汚れが定着しにくい
・汚れが除去されやすい


少しでもキレイに長持ちさせたい!
セラミックシリコン樹脂を用いた耐久性の高いゆず肌状のローラー塗材です。
防水性、防かび・防藻性、汚れ防止、透湿性による内部結露の防止など、
多機能で建物を強固に保護します。

WS000272 
ゆず肌状のローラー塗材

屋根を色アセから守りたい!
薄型塗装瓦の塗り替え用には耐久性の高い専用の屋根用塗料が最適。
紫外線に強くメンテナンスサイクルを飛躍的に延ばしますWS000275   WS000274


キレイなコンクリート壁を取り戻したい!
コンクリート打放しは、特に汚れが目立つ仕上げです。専用の改修工法を用いて補修することにより、
コンクリートの持つ素材美をそのままに、見違える仕上がりに生まれ変わります。
WS000278

タイル仕上げも目地まで美しく仕上げたい!
陶磁器タイルも永久ではありません。専用洗浄剤と超低汚染形の「SKタイルフレッシュ工法」を用いることで、
表面の汚染を防ぎ、目地部の劣化を防止します。
WS000276  WS000277
        専用洗浄剤による洗浄効果

超低汚染塗料の詳しい内容や分からない事など、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

福岡で塗装工事をお考えの方、福岡市の株式会社 ムトウにお任せください!

新年度ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

株式会社ムトウは福岡の塗替え専門会社として常に専任の職人と提携しています。
結果として、質が高く、かつ安価な塗装をお客様に最良の形で提供できております。
私たち社員一同、「お客様に喜んで頂く」をモットーに、これからも取り組んで参りたいと存じます。

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

non088

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2013年12月29日(日)~2014年1月5日(日)まで、株式会社ムトウは年末年始休業とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

●同休日中の電話・FAXでのお問い合わせはお休みさせていただきます。

● 電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、2014年1月6日以降

順次対応させていただきますので、ご了承の程宜しくお願い致します。

塗料・塗装のよくある質問|福岡市の株式会社 ムトウ

WS000261

1

シーラーは素材、上塗りとの密着力を向上させ剥がれにくくしたり、吸込みむらを均一にして仕上がりのむら(つやむら・仕上がりむら)をなくすために使用します。その他素材の強度を補強したり、アルカリ止めの機能をもつシーラーもあります。
フィラーは下地の面調整(段差など)や巣穴を埋めたり、仕上げ塗材を仕上げに適する状態にするために使用します。

2のコピー

JIS A 6909 建築用仕上塗材で分類されている耐候形の最高ランクです。
耐候形には1種~3種の分類があり、1種に合格するには、促進耐候性試験において、2500時間経過後、つや保持率が80%であることが必要になります。
この耐候形1種にはシリコン樹脂塗料・ふっ素樹脂塗料などが相当し、これらは高耐候性塗料と呼ばれています。

3

「ターペン」は天然樹木からとれるオイルであるテルペン油から変化した言葉です。昔は、このテルペン油がペンキのうすめ液として使われていました。
現在、ターペンは石油の精製から造られます。組成は石油系炭化水素が主成分で、灯油に近い組成です。ミネラルターペン・ミネラルスピリット・塗料用シンナーとも称されます。
ラッカーシンナーに代表される強溶剤に比べて、刺激臭が少なく、また溶解力が低いため旧塗膜への影響が少ないのが特長です。合成樹脂調合ペイントやアクリル樹脂系非水分散形塗料やNADウレタンなどの希釈剤として使われます。

4

「柔軟性があり折り曲げてもポキンと折れない性質」ということになるでしょうか。
「弾性」と似ていますが、可とう性は伸びる性能は弾性ほど大きくありません。その意味では「微弾性」という表現もできます。
事実、各社で発売している「微弾性フィラー」は、JIS規格では「可とう形改修塗材」に分類されており、試験項目も「可とう性試験」として直径10mmの鉄の棒にあて90度折り曲げるものです。
これに対し「弾性タイル」や「単層弾性塗材」と言われるものは、JISでは「防水形複層塗材」、「防水形外装薄塗材」と呼ばれ、「伸び試験」という塗膜を引っ張って切れるまでの伸長率の試験をおこなっています。

5

スレート材で構成された屋根は、その傾斜にあわせてスレート材を重ねてふかれています。塗装過程では、スレート材の合わせ目に塗料が入り込み貼り付いた状 態になります。その部位に小さな穴(ピンホール)ができていると、毛細管現象により雨水が逆流して水漏れの原因になります。この防止のため塗装後ナイフ・ 皮すきなどで詰り部の塗料を切ってピンホールをなくすことを「縁切り」といいます。

6

さび落とし・浮き塗膜除去のことで、「クリーン」が変化した言葉です。
ケレンの状態で1種ケレン、2種ケレン、3種ケレンなど分類され、このケレンの度合いが耐用年数に大きく影響します。

7

ポリウレタン樹脂塗料はイソシアネート化合物(硬化剤)とポリオール化合物の反応で硬化し、ウレタン結合を持つ樹脂を言います。現在、ポリオール化合物は アクリルポリオールが主流となっており、アクリルウレタンと呼ばれます。従ってアクリルウレタンはアクリル樹脂(アクリルポリオール)を用いたポリウレタ ン樹脂塗料です。

 

福岡で塗装工事をお考えの方、福岡市の株式会社 ムトウにお任せ!

ページトップ