ムトウのeco塗装

eco塗装について

ムトウのeco塗装で光熱費を削減!!

ムトウがご案内する「eco塗装(遮熱塗装)」のご紹介です。

塗装するだけで遮熱・省エネ効果がある塗料で、夏期の太陽熱を反射させ温度の上昇を防ぎ室内環境の向上、冷房費の節電に役立ちます。福岡にお住まいで光熱費等の削減方法をご検討の方は、塗装の専門家「ムトウ」へお気軽にご連絡下さい。

エコ塗装の工法

エコ塗装の工法(サーモシャット工法)は、特殊バルーンを含有させた断熱性・保湿性を有する中塗り層により、室内温暖化を低減させると共に、遮熱性・低汚染性を有する上塗り層により太陽光による構造物の温暖上昇(熱負荷)を緩和させる外壁の遮熱・断熱工法です。

夏季
冬季

エコ塗装の特長

優れた断熱性・保温性

特殊バルーンを配合した超軽量・低熱伝導性を有する中塗材は、室内温度の変化を低減させ、夏季、冬季における冷暖房費の節約に役立ちます。

高耐久性・低汚染性

上塗材はシロキサン結合により三次元に架橋した強靭な塗膜を形成し、紫外線や低汚染に対して優れた抵抗性を示します。また、長期に亘り遮熱性を維持します。

幅広い色相で優れた遮熱性

熱線反射機能を有する上塗材は、太陽光分布の約40%をしめる近赤外線(熱線)を高反射し、幅広い色相範囲で夏季の熱暑から躯体の温度上昇を抑制し、冷暖房負荷を低減します。

防水性・防かび・防藻性

微弾性塗膜は、下地の微細なひび割れに追従し、雨水などに対して優れた防水性を発揮します。
また、特殊設計により、かびや藻類などの微生物に対して強い抵抗性を示し、長期に亘り衛生的な環境を維持します。

詳しくはコチラ

Eco塗装の効果や価格について

熱反射特性

遮熱塗料の効果(-20℃)

最近は簡単(塗るだけ)で効果のあるECO・ヒートアイランド対策として注目されています。最大で-20℃くらいの効果があります。

屋根の遮熱の価格は?

屋根の通常塗料と比較して+約30,000円です。
大きさによって多少異なりますが、屋根は通常塗料と比較して差額3万円程度です。

※屋根は直射日光が当たるため、効果が高く差額も少ない。(安い)ためオススメです。

外壁の遮熱の価格は?

外壁の通常塗料と比較して+約90,000円です。

※外壁の遮熱は効果対費用があまり良くありません。直射日光などが当たりにくいことや壁と室内までが厚いため効果が出にくいです。

ポイント! 遮熱塗装のよくある間違い・勘違い

遮熱塗料という、塗料グレードがあるわけではなく、各グレード(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素)の塗料に遮熱成分をつけ加えたものが遮熱塗料といわれるものです。
グレードとしては、「遮熱シリコン系塗料」「遮熱フッ素系塗料」という形になります。

例えば遮熱シリコン系塗料であれば、効果として遮熱機能が加わったもので、耐久年数・基本性能・作業などはシリコン塗料とほぼ同じです。
つまりただ単に「遮熱塗料」という名称で表現されている塗料は、通常のシリコン塗料より劣る場合もあります。
(※遮熱ウレタン系塗料などの場合)

塗料のグレードについて

塗料のグレードが一般的にどうなのかをご説明いたします。
各グレード別に代表的塗料を掲載いたしました。高くても海外製・・オリジナル・・が良いの?そんな事ありません。
選ぶなら断然日本の塗料メーカー!高性能で安心です。

メーカーや製品名は違えど4種類(グレード)に分類します。

※見積(塗料)の比較にお役立てください。
※最近では各グレードの塗料に遮熱効果を付加した塗料もあります。

塗料のグレード

国内塗料メーカー3社※3社で国内シェア9割

塗料メーカー 主な塗料の商品名 種類
エスケー化研株式会社 ニュートップレスクリーン アクリル系
セラミクリーン アクリル系
クリーンマイルドウレタン ウレタン系
水性セラミシリコン シリコン系
クリーンマイルドシリコン シリコン系
ファインマイルドフッソ フッ素・光触媒
日本ペイント DNAセラ アクリル系
ファインウレタン ウレタン系
ファイン/水性・シリコンセラUV シリコン系
ファイン4F フッ素・光触媒
KANSAI PAINT セラMレタン ウレタン系
セラMシリコン シリコン系

第一世代 アクリル系塗料

耐久年数:6~8年

約15年前に発売された塗料で、モルタルのひび割れに対応する当時は画期的な商品でしたが、汚れやすく耐久性がよくないという欠点がありました。

※とにかく少しでも安くという方にお勧めですが、現在はあまり使用されません。

第二世代 ウレタン系塗料

耐久年数:7~10年

汚れやすいという欠点の解消を目的に8~10年ほど前に開発されました。
柔らかい性質があり、万能の塗料なので細部(下地によって)の塗装には最も適しています。
工事の総額を考慮すると、第三世代の塗料と価格はほとんど変わりません。

※昔ながら(?)の塗装業者は、現在もこの 「第ニ世代」 の塗料を使用しています。

第三世代 シリコン系塗料

耐久年数:10~15年

シリコンを含有し汚れにくさと耐久性を両立させた塗料です。(※5~6年前に各社から発売された製品)
セラミックを含有した塗料で、耐久性・汚れにくさも格段にUPした優れた塗料です。

※現在では、価格も落ち着きコストパフォーマンスに優れた最も人気の塗料です。

第四世代(未来) フッ素、光触媒塗料

耐久年数:12~20年

フッ素塗料・光触媒塗装は、一般住宅にはまだまだオーバークオリティ感があります。
耐久性はもちろん良いので、もしご予算に余裕がある場合は一考の価値はあると思います。

※「まだ性能の割りに価格が高く」一般住宅にはあまり使用されません。
フッ素系塗料は、とにかく長持ちする塗料ですが、各種性能面ではシリコン塗料などと同じです。

※フッ素でお考えの方は、特に外壁よりも屋根を超高耐久のフッ素がお勧めです。
光触媒塗料の最大の特徴は、外壁の汚れを分解する、最も汚れにくい塗料ということです。
耐久年数は、15年前後でシリコン塗料と同程度です。

ムトウでECO塗装はいかがですか?

熱の原因は太陽からくる赤外線です。その熱エネルギー(赤外線)の影響を受けなければ、温度上昇は緩和されます。
その熱エネルギーを遮ることが出来る塗料が遮熱塗料というものになります。

正確には遮熱塗料は、熱を遮るというよりも、熱エネルギーの赤外線をある程度反射することにより、直接的な熱エネルギーの影響をあまり受けないようにすることが出来る塗料となっています。

株式会社ムトウはそんな遮熱塗装【ECO塗装】をオススメしております。

福岡の塗装・リフォーム専門店ムトウは3社以上の見積もりをオススメします!

株式会社ムトウのスタッフ

ムトウは地元福岡で50年以上の塗装専門店。逃げも隠れも一切できない正真正銘の地元塗装業者です。自社施工にこだわり他に負けない品質と価格でご提案、そこでお願いです。塗装で失敗しないために3社以上のお見積もりを。3社のうちの1社に加えて下されば結構です!

  • 福岡で塗装の無料調査・お見積もりなら
  • フリーダイヤル:0120-610-388
  • メールでのお問い合わせ
ページトップ